藤澤佑貴の仕事ください

将来バリバリに俳優として売れまくる予定の藤澤佑貴の奮闘記。まだ仕事がない俳優がいろんな角度からものごとを見て演技の上達を図りガンガン仕事もらうところまで行きます。俳優は仕事が無い暇な時間も仕事なのです。

誠実な人ほど自己発信してスポットライトを浴びるべきなのに埋もれがちという話

 誠実性は結構バカにされがちだけど科学的には成功するための重要な要因

f:id:actor-yf:20170723213320j:plain

どうもおはようございます!藤澤佑貴です。芸能界では夜でも昼でも「おはようございます」とあいさつするのが常識です。”自分俳優です!”感をこのブログで発信していきたいのでおはようございますを使っていきたいと思います。

 

最近よく思うのが不真面目で不誠実な人がやけに注目をあびがちだなあということ。別にそれはその人の個性であり魅力でもあると思うので良いとは思うんです。でも誠実な人ももっと注目されたり得をしても良いのではないかなーと思うことが多々あります。

こんなことを書いて「十分得してるわ!」と思う方もいると思いますが、おせっかいなやつだなーと思って許してくださいw。

 

www.lifehacker.jp

僕が大好きなサイト、ライフハッカーにも書いてある通り成功する条件て頭の良さじゃなく、人柄なんですねー。特に誠実性。ここには誠実性ってなかなか持ってる人っていないのではないかなーと思うんです。身に着けるのも大変そう。

 

誠実ってつまらないって誤解してる人は多い

誠実や真面目な人ってつまらないとか勘違いしている人多いと思うんです。また困るのが誠実な人は自分で自分をつまらないとか特徴が無いと変に断定してしまってる。これもかなりこまりもの。誠実=個性が無いというわけではないっていうことはぜひとも皆様にはわかってほしいし、誇ってほしい。誠実でまじめだからって自分はつまらないから人前に出るべきじゃないとは出世するべきじゃないとか、才能が無いとか、目立っちゃいけないとかネガティブな枠に自分をはめてほしくないのです。

 

誠実や真面目という才能を持った人はもっと自己発信をするべき

まあなにが言いたいかというと、真面目な人や誠実な人はもっと自己発信をしてその才能を仕事や趣味、世の中の役に立つ事のためにぜひ輝いてほしいということであります。実際たくさんいると思うんです。誠実で才能あふれる人。「俺って誠実さだけは負けねえわ」て心の中で思っている人めっちゃくちゃいるはず。これは僕の持論ですけどうつ病になる人とかって絶対誠実でまじめな人が多いと思いますよ。誠実でまじめだから、仕事で失敗したら自分を責めすぎてしまったり、ちょっとしたことで人を傷つけたりしたら自分を責めてかなしくなってしまったりして病気になっていくと思うんです。

話がそれてしまいましたがそういう人って自分で思っている以上に才能が備わっているのに自分で抑圧してしまってる。自己発信もしないから出世もなかなかできない。でも良い仕事はコツコツとやっている。これってほんとにもったいない。

俳優でも多いんです。誠実でまじめでコツコツと演技の勉強してて、でもなかなかスポットライトをあびない。こういう人に共通するのは自己発信が苦手なこと。いまの世の中SNSやブログとかいろいろありますよね。それもやらない。もしくは周りの人にプロデューサー紹介してといってコネづくりしたりとかそういうのも苦手でやらない。誠実が故に正攻法でまじめに努力するというのは得意なんだけど、コネづくりとか自己発信とか聞くと、なんだかズルをしてる気分になってしまうんですね。

才能ある人は自己発信をするべき

ライターさんや起業家、フリーランスの方々みているとおもいますけど自己発信めちゃくちゃうまいですよ。Facebook Twitterのなにげない投稿が自社の良さをさりげなくアピールしてたり、人気ありますアピールが入ってたりと、これは仕事頼みたくなるわーと思う要素がたくさんあります。実際にブログ経由でかなりのギャラで仕事もらっているライターさんとかたくさんいますからね。俳優の世界も他の業界の方もみんな自己発信していかないといけないなーと思います。特に僕みたいな売れていない俳優は芝居をコツコツ勉強して、うまくなって、魅力をつけて成長してどんどん自己発信していこうとおもいましたね。

f:id:actor-yf:20170723213134j:plain